英語をもう一度勉強しようと思ったところで、最初は本やアプリにとどまりました。

Amazonkindleで読んだことある漫画や本の洋書版を読んだり、英語が聞けるアプリをダウンロードしたり。

 

それにしても感動したのが、私の学生時代からのテクノロジーの進歩です。

私35歳の高校生時代は、しゃべる電子辞書なんて存在せず、大学時代には存在したものの数万円アップの超高級品でした。

それなのに今や無料のアプリが単語の発音をしゃべるだなんて!

なんて勉強しやすい時代になったんだろう!

それなのに私は勉強せずに時間を過ごしていたのか!と感動です。

 

でもやっぱり、本やアプリだとどうも続きません。

やっぱりそれも継続しつつ、ある程度対人要素も入れようと思いました。

そこでネット文通です。

 

実は大学を卒業してすぐの頃(10数年前)、英語を使う機会がないので忘れないようにと思ってネットをいろいろ見ていたら、ネット文通的なサイトを見つけました。

ネットでそういうのって日本人のイメージでは不順異性交遊の温床!みたいな感じですけど、海外の人は比較的、あくまで!比較的ですが、健全な使いかたをしてくれる人が、日本人に比べたら!多い気がします。

私は小学生の頃当時流行っていたガチの文通をしていたこともあって、そういうのが好きだから、ネット文通もやってみようと思って登録して何人かとやりとりしていました。

※おすすめは、「外国人とペンパル!」みたいな日本人向けサイトじゃなく、完全英語サイトに自分が外国人として自分が参入することです
前者はサクラがいたりカモられたりみたいな話を聞いたことがありますので要注意!

 

そのことを思い出して、育休中の今回もネット文通のサイトを探して登録しました。

既婚子持ちをアピールして、口説かないでくれと何回も書いたからか、変なことを言ってくる人は皆無でした。

「来月日本に行くんだけど、案内してくれないかな」みたいな人は男女問わず数人いましたがスルーして、数人の文通相手?メル友?と知り合いましたが。

 

10数年前と同じ泥沼にはまってしまって、一カ月ちょいで撤退してしまいました。

というのも、おそらく私の時間をかけた英作文から「それなりに英語スキルのある人だ」と誤解されて、難解長文を送ってこられる頻度が増すんです。

私としては辞書をひきひき、ものすごく時間をかけて書いたメールなんですけどね!

夜息子が寝てから、

「宮崎駿が日本アニメ界に与えた多大なる影響について(アニメオタクからのメールも多い)」

「制度上定められている男性育休が、なぜ日本で普及しないかについて(ママ友的な文通相手もできた)」

とか眠い目をこすりながらうんしょうんしょ英作しまくってるなんて、あのさ私なにやってるんだろ…?と思ったりするわけです。

しかもメールを開いてから返事が遅かったら、既読がつくから、

「ねぇどうしたのー!?」みたいな催促がきたりして、

あぁもう待ってよ!私はあんたが思ってるより英語できないんだよ!!!!

ってなってしまったりして。

フェイドアウトです。すんません。

 

やっぱり、ちゃんとレッスンっぽいのしたほうがいいかな?

やっぱり、オンライン英会話すべきかな?

と、やっとたどり着きました。



👇お友達紹介コード👇でプラスレッスンチケットが3枚(1500円相当)もらえます!


ブログランキング・にほんブログ村へ